HMBと筋トレでダイエット

インナーマッスルとは?

いつも手軽に実践できる呼吸を使ったダイエット方法によって、だれでもウエストをダイエットすることが可能になります。

 

食事を減らしたとしても、なんとなく下腹のあたりがポッコリしていたりと、きれいに痩せるのは難しいものです。食事制限をしても、下腹がなかなかすっきりとダイエットできないのは、脂肪によるふくらみだけでなく、インナーマッスルが影響しているからです。

 

インナーマッスルが弱ってしまった結果、腸などの臓器が少しずつ下がってしまい、ダイエットしてもポッコリとお腹が出てしまうのです。お腹のふくらみが気になる人には、腹式呼吸による筋トレ運動を取り入れてみることをおすすめします。

 

お腹の底から息を吐き、胸いっぱいに吸い込むことで、インナーマッスルが鍛えられ、ウエストも徐々にスッキリしてきます。大きくゆっくり呼吸することで、自立神経が整えられて、いつもよりも深い眠りになるので、健康づくりにも役立ちます。

 

慣れてきたら、息を吐いた状態や吸い込んだ状態で息を止めて、ぐっとお腹に力を入れることで、インナーマッスルが鍛えられます。意識してお腹に力を入れて実践すれば、だれでも簡単にインナーマッスルを鍛えることができて、ウエストのダイエットにつながります。

 

インナーマッスルは、普段の生活ではあまり使わない筋肉なので、意識して取り組むと驚くほど効果がでます。HMBなどの筋肉サポートサプリを併用すると、より筋力がアップするので試してみましょう。

 

ウエストのダイエットのコツは、毎日少しずつでも続けていくことです。よくある食事制限によるダイエット方法は、一時期成功したとしても、食事を元に戻せば、また直ぐに戻ってしまいます。

 

インナーマッスルなどの筋肉を鍛えるダイエットなら毎日の隙間時間で簡単にできるので、お風呂に入る前や寝る前に習慣にして、ウエスト痩せを意識しながら実践してみましょう。